キーワードを入力

No content. Add content to this section using the sidebar.

Image caption appears here

Add your deal, information or promotional text

No content. Add content to this section using the sidebar.

Image caption appears here

Add your deal, information or promotional text

AURUM Magma パフォーマンスロード | CYCLISM

TESTING THE MAGMA

アルベルト・コンタドールとイヴァン・バッソは、プロレースから引退した後、独自の自転車ブランドAURUMを立ち上げた。誰よりも経験豊富で、自転車業界においてトップに君臨した彼らの目標は全く同じものであった:それは史上最速のレーシングロードバイクを創るということ。 ブランドの本質であり、最初のモデルであるMagmaの目的は、上り坂でも下り坂でも、平坦な道や曲がりくねった峠、スムーズな舗装路や荒れた路面でも、最速のレーシングロードバイクを創造することだった。これは、パソコン上やラボだけでなく、最終的には実走行にて証明されなければならないものだった。

MAGMA CHARACTERISTICS

Magmaの開発段階において、コンタドールとバッソはさまざまなプロトタイプのテストに、数え切れないほどの時間を費やした。そこでは、ハンドリングとフィッティングの両側面においてジオメトリの数値が正しいのか検証し、またバイクのライディング特性の最終調整のために非常に重要な工程であった。

これらの特性は、フレームおよびフォークのチューブ形状とそのサイズだけでなく、それらを成形するために使用される材料もその特性を掌る非常に重要な要素である。

AURUM Magma パフォーマンスロード | CYCLISM

TEST RIDING THE FRAME

アルベルトとイヴァンは、さまざまなグレードのカーボンファイバーを用いて、さまざまな繊維の方向性とレイアップをプロトタイプに落とし込みテストを行った。もちろん、AURUMのカーボンファイバーのエンジニアは、テスト段階までにはテストラボで蓄積された膨大なデータを用いてある程度のレベルでのフレーム設計には至っていた。

2人の元プロロードレーサーがMagmaのサドルにまたがるまでに、フレームおよびフォークは、構造の安全性と堅牢性を確保するために、通常の自転車業界の基準とヨーロッパの基準を超えた、非常に厳しいテストが繰り返された。

しかし、それを超えて、優れたバイクとそこそこのバイクを区別するのは、プロジェクトの主な目標として設定された乗り心地、そしてバランスがとれたライディング特性(剛性、快適さ、軽量さ、空気力学がすべて調和して機能する)なのだ。実際、それがコンタドールとバッソが起業家としてこの事業に着手する主な動機だった。

AURUM Magma パフォーマンスロード | CYCLISM

FURTHER DEVELOPMENT

コンタドールとバッソは1年の間に、Magmaのプロトタイプを、そのプロジェクトがキャッチされないようにブランドロゴのないステルスブラックにしたり、特徴を隠した「ゼブラ」ペイントを施したりして、さまざまな道路や地形でテストしてきたのだ。

テストバイクにはさまざまなブランドのコンポーネントとホイールを取り付けることで、フレーム単体でのその反応性を彼らが正確に判断して、さらなる開発のためにAURUMのエンニアリングチームに貴重なフィードバックを行ってきた。

AURUM Magma パフォーマンスロード | CYCLISM

EVERESTING

Magmaにとって最も激しいテストの1つは、コンタドールによるエベレスティングだった。これは、バイクのテストと同じくらい自分自身をテストすることを決意したチャレンジだった。

狭く、荒れた急勾配の山道で、アルベルトは彼自身を極限まで追い込んだ際に、バイクの挙動がどうなのかを評価することが重要であると考えていた。彼が上り坂でも下り坂でも20%の勾配に挑むことで、パワーをかけた時の剛性感、そして80km / hを超える高速での安定性をチェックし、ブレーキをかけるのは再度繰り返すためにUターンする時のみ。その繰り返しを 78回行った。

「バイク特性を判断するには、私自身を極限まで追い込むことが非常に重要であると考えていました。」

アルベルト・コンタドール

AURUM Magma パフォーマンスロード | CYCLISM

Magmaのテスト段階では、風洞実験施設へ何度も足を運んだ。設計の初期段階においては、フレームとフォークを3Dプリントで製作し、CFDと呼ばれるコンピューター上での空力を確認し、それを基に翼型チューブの改良と調整を繰り返した。

成形されたプロトタイプが完成すると、AURUMは再び風洞実験施設を訪れ、完成車としての空力性能を検証するため、さまざまなブランドのホイールとコンポーネント、さまざまなフレームサイズ、ライダーの乗車フォームを再現することで多くのデータを収集したのだ。

この後のテストは、Magmaを他のトップレベルのロードバイクと比較され、その結果フレームセットの設計と開発における何ヶ月もの努力は間違いでないという非常に嬉しい結果を得ることが出来たのだ。

AURUM Magma パフォーマンスロード | CYCLISM

2020年のシーズン中に、Fundacion Alberto Contadorデベロップメントチーム(Kometa-Xstra Continentalチームを含む)も、Magmaの開発テストに大きく貢献している。

ジュニアからアンダー23、そしてヨーロッパ中のコンチネンタルセミプロライダーまで、合計50人のライダーがチームのメカニックとともに、製品に関する貴重なフィードバックをもたらし、そして自転車レースでも成功を収めた。

AURUM Magma パフォーマンスロード | CYCLISM
AURUM Magma パフォーマンスロード | CYCLISM

AURUMを今すぐオーダーする

Search